ライフスタイルに合わせて硬水と軟水選び

日本は世界の中でも、水道水を飲み水として使用できる、数少ない国の一つです。
そんな日本でも、水質を保つだめに浄化された水道水は、飲んでもあまりおいしくないと感じる用になってしまいました。
多くの人が水を買うようになったのですが、毎回ペットボトルの水を買うのは、とても重いし大変です。

そこで注目されるようになったのが、ウォーターサーバーhttp://www.sports-guide.org/です。
家庭に設置することで、いつでもおいしい水が冷水でも、お湯としても使用できます。
またほとんどのメーカーが自宅まで無料で宅配してくれるので、重い水を運ぶ必要がありません。

なのでとても重宝する家電の一つです。
しかもお水の種類も豊富にあります。
お水は軟水と硬水に分かれています。

その違いは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムなどミネラル成分の量によって基準が定められています。
日本の生活水の80パーセントが軟水のため、日本人には軟水が好まれることが多いです。
逆にヨーロッパでは、ほとんどが硬水を使用しています。

日本で発売されているミネラルウォーターのほとんどは、普段なじみのある軟水が多いです。
軟水は、口当たりがまろやかで飲みやすいのが特徴的です。
料理などにも使いやすく、ダシをとった際にも香りや味が浸透しやすくなっています。

コーヒーや紅茶などを入れるときにも、それぞれ本来の味や香りがしっかりと出てくれます。
とくに赤ちゃんがいる家庭では、ミルクを作るのに軟水は最適だとされています。
胃に負担がかかりにくいため、吸収性にも優れています。

赤ちゃんのころは、ミルクが栄養のもとになります。
安心しておいしい水を使ってミルクがあげれて、お湯と冷水を使えば冷ますことなく、すぐに飲ませてあげることができます。
実際ウォーターサーバーを使用している家庭で赤ちゃんやお子さんがいる家庭は、軟水を選んでいます。

またhttp://www.unitedamericancommittee.org/にも詳しく掲載されている、
ちょうに硬水の場合は、マグネシウムやカリウムといったミネラル成分がとても豊富に含まれています。
スポーツの後のカルシウムの補給や美容や健康のために選ぶ人が多いです。
また便秘解消にもつながるので、ダイエット効果も期待できます。

料理に関しては、洋風の料理、パスタなどには硬水が向いています。
ただしご飯を炊いたり、和風の料理には向いていないのでお薦めではありません。

ライフスタイルによって軟水や硬水を選ぶと、より快適な生活を送ることができます。
健康志向な人は硬水を、赤ちゃんのいる家庭や和食が中心の家庭は軟水を選んで行くのがおすすめです。
日本人の多くは、日頃から軟水になじみがあるので、無難なところで軟水から選んでおくと飲みやすく感じるでしょう。
より詳しく知りたい方はこちらのサイトhttp://www.theclassconnection.com/も必見です。