邪魔にならないスリムなサーバー

今どの家庭に置いても、水道水を飲み水として使用できる家庭がかなり減ってきています。
世界の中でも日本は、水道水を飲み水として使用できるかなり希少な国の一つです。
なので、は国に比べてミネラルウォーターを購入するという意識が少なかったといえます。

しかし、水道水を飲み水として飲むのにおいしくないと感じるようになってきました。
それと同時に、ミネラルウォーターの発売やウォーターサーバーを使用する人が増えてきました。
今度ミネラルウォーターの需要も高くなると、より各家庭にウォーターサーバーを設置したいと検討する家庭が増えてくるでしょう。

今病院やショッピングセンター、会社などでは、無料で飲むことができるウォーターサーバーが設置しているのをよく見かけます。
またショッピングセンターでは、ウォーターサーバーのメーカーが試飲の紹介などもしています。
ウォーターサーバーの会社のCMがテレビで流れるので、よく耳にするメーカーも増えてきました。

毎回重たい水を購入して運ぶことを考えると、ウォーターサーバーの設置したいなと思う人が多いのではないでしょうか。
それと同時にまず最初に思うことは、置き場所です。
実際のサーバーの見本を見ていても、いざ契約をしてみて設置したら思った以上に大きく感じるのではと不安に思う人もいます。

平均的な大きさと言えば、横幅と奥行きがそれぞれ30センチから35センチぐらいで、高さが1メートル以上1メーター30センチ未満ぐらいのものが多いです。
高さも高いので、家に置いたときに圧迫感を感じる場合もあります。
またキッチンなどの限られて空間に置く場合には、大きさはとても重要になります。

キッチンもそうですが、リビングなどに置く場合にも、なるべくスリムのものがお薦めです。
家事の動線や家族の人の動き方によって、邪魔にならないような場所におく必要があります。
5センチの差ももちろん大きいですが、たった一センチの大きさの違いでも入らないということもあります。

またメーカーによっては、ウォーターサーバーの土台の形の違いがあります。
四角の形の土台と丸い形の土台によっても、入れるスペースに違いがあります。
丸みがあったほうが、どちらかといったらいろんなところに入りやすいので、好まれているようです。

さらに丸い土台の方がどちらかといったら、スリムなデザインの方が多いので邪魔になりにくいといえます。
また大きさが気になる人は、高さや低かったり、水の容量が半分ぐらいのハーフサイズもあります。
大きさ的にはさほど変わらないのですが、高さの圧迫感はだいぶ軽減されます。

それ以外にも、卓上タイプもあります。
キッチンやリビンニングにあまり大きいものを置くスペースがない人にはお薦めです。
特にキッチンにカウンターがある人などは、料理の際や食事のときなどにも使用しやすいので、とても重宝します。

ただし、通常のタイプのものに比べて奥行きが長いので、置くスペースがあるのかしっかり確認しておきましょう。