リターナブル方式の特徴

ウォーターサーバーは会社などでも設置している場合が多いです。
日常生活でよく使うようになると、家にもあったら便利だなと感じる人が増えています。
会社などでは、メンテナンスなどをすべてやってくれるので、ただ使うだけなので便利だと感じます。

しかし、実際家に置いた場合は、メンテナンスや水の交換などの手間もか勝手きます。
なので、簡単に行える方が、より使いやすくなるといえます。
ウォーターサーバーは各メーカーによって様々な特徴があります。

その中でもお水の提供の仕方に、大きな違いがあります。
その違いを知った上で、家庭環境にあった方法を選ぶことをお勧めします。
まずお水の交換の方法として、リターナブル方式を採用しているメーカーがあります。

そのリターナブル方式の特徴について、メリット、デメリットなどわかりやすく説明したいと思います。
リターナブル方式の一番の特徴は、サーバーにセットする水の容器を再利用するということです。
容器はプラスチックで作られているものが多いです。

リターナブル方式の場合、使用していくとその分空気が入っていくことになります。
飲みきった空のボトルは、注文した水を配達してくれた時に、交換して渡します。
再利用する際、もちろん衛生的な面はしっかり管理されているので安心です。

メリットとしては、使い捨てではなく再利用なので、水の価格をその分安く提供しているということです。
特に家族が多い人、水の使用頻度が多い人には、一本あたりの水のお値段はとても大事です。
安ければやすいほど、家計はありがたいと感じます。

もちろん安かろう悪かろうでは、いけません。
安心して飲むことができるお水なのか、管理の方法などしっかり聞いておくといいでしょう。
再利用なので、ゴミを出すことがないので環境にやさしいといえます。

デメリットとしては、宅配がメーカーがユーザーを回って配達をしています。
決まったルートなどもあるので、時間の都合が合わせにくいということも考えられます。
共働きの家庭では大変ですが、幼い子供がいる家庭では家いる時間も多いので都合も付けやすいでしょう。

またボトルの保管場所が、一時期必要になるということです。
ある程度の大きさになるので、場所の確保さえできれば特に問題ではありません。
その他には、水を使用した時に水が空気に触れるということです。

その時のボトルの中に空気も一緒に入ることになります。
空気と同時にほこりなども入る可能性がないとは言い切れません。
またボトルも使いまわしになりますので、神経質な人や潔癖症の人は、ワンウェイ方式のウォーターサーバーの方がお薦めかもしれません。