ポットよりも割安。お湯も作れちゃう

ウォーターサーバーは、今家庭に一台ほしいと思う電化商品ともいえます。
なぜなら今水は買って飲む時代へと変わってきています。
水道水をおいしいと言って飲める地域が、とても限られてきてしまっているからです。

水道水を飲み水にするために浄水器を付けたり、一度加熱してから使用するなどの手間がかかります。
また冷たい水が飲みたいお場合は、ペットボトルのミネラルウォーターを購入している人が多いです。

ペットボトルの水は1本2リットルなので、1日1本飲むのが理想的だといわれています。
すると大人二人家族であれば、1日2本消費することになります。
毎日2本買うか、ケースで買ったとしても、1週間も持たずにまた買いに行かなければいけません。

重いもの尾を何度も買いに行くのは一人でも苦痛です。
それが小さい子供と一緒に買い物に行かなければいけない、妊婦さんのときなどはとても大変な買い物になります。
なのでおいし水がいつでも飲めて、玄関まで宅配サービスしてくれるウォーターサーバーはとても便利です。

ウォーターサーバーを設置した家庭で、一番のメリットとしてあげられるのが、お湯が使えるということです。
ウォーターサーバーのお湯の設定温度は80度から90度となっています。
なので、温かい飲み物を飲む際には、すぐに作れてとても便利です。

いちいち、やかんでお湯を作る必要もありませんし、ポットを使用する必要もありません。
ボタンひとつやノズルを下すだけで、簡単にお湯が使えるのはとても便利です。
ポットの場合、いつ使用するかわからないため常に一定の温度設定しておかなければいけません。

そうなると常に高温を保つために電気代がかかってしまいます。
また水がなくなったら沸騰させるのにも、電気代がかかります。
1日保温の状態しておいて、1日2回沸騰させたら毎月1000円近くの電気代がかかります。

おそらく多いときであれば、1日数回沸騰させることもあるので、1000円以上かかる場合が多いです。
ウォーターサーバーの場合1か月の電気代が、冷水もお湯も両方使えて平均1000円ぐらいといわれています。
冷たいお水もすぐ使えますし、お湯も沸騰などの時間を待つことなくすぐ使用することができます。

また今ではウォーターサーバー本体がエコモードのものや節電対応のものも増えてきています。
そういったタイプのものを選ぶと、毎月30%近くの電気代を節約することができます。
なので1000円以下の電気代で済んでしまいます。

ポットをよりも割安で、便利な作りになっているので、ウォーターサーバーのほうがお得です。