高そうだけど費用はどれくらい?

ウォーターサーバーは本体も自体が大きく、家庭用としては場所も取ります。
それだけ大層なものだと、なんとなく費用も高くて家に置くのにはお金がかかるんじゃないかと勝手に想像してしまう人も多いです。
しかし、今いろんなメーカーから出ているウォーターサーバーは、高そうに感じますが費用はとてもお得だと言えます。

まずウォーターサーバーに関してかかる費用として、使用料、ボトル代、メンテナンス料、解約料、電気代になります。
一つづつ説明していくと、使用料とはウォーターサーバーを設置するためにかかる費用で、毎月500円から1500円ぐらいかかります。
今ほとんどのメーカーが、使用料を無料で提供しています。

使用料が有料のところでは、ボトル代が他よりも安く設定されたりしています。
ボトル代は、水一本当たりの金額になります。
1000円以下のものあれば、1900円ぐらいのものもあり、選ぶ水の種類によっても大きく異なります。

メーカーによっても価格設定がさまざまなので、水を飲む量が多いご家庭では、なるべくボトル代が安いところを選んだほうがいいでしょう。
メンテンナンス料は、ウォーターサーバーを正常に使用するために必要です。
メーカーによって1年か2年に一度かかってきますが、費用も5000円ぐらいが多いです。

こちらもメーカーによっては、無料で行っていたり、サーバー自体がメンテナンス不要の物もあります。
解約料金ですが、契約時に決められた期間以内で解約する場合に発生します。
各メーカーで異なってきますので、設置前に確認が必要です。

最後に電気代ですが、およそ通常のタイプで毎月1000円以内で収まるところが多いです。
どのメーカーでも、省エネタイプのウォーターサーバーも対応しています。
電気代を30%抑えることができるので、電気代も気にすることなく使用することができます。

いろんな費用がかかるので、高く感じるかもしれませんが、メーカーによって無料で対応してくれるところも多いです。
なので、トータル的に見てどこがお得なのかを調べておくといいでしょう。
各家庭によってウォーターサーバーをおきたいという理由も違います。

それによって選ぶ水も違いますし、家族構成によっても必要な水の量も違います。
家族が多く、水の消費料が多いと感じる家庭では、ボトル代が安いところを選ぶのが一番お得です。
そこまでの量を飲まないのであれば、水にこだわって選ぶのも一つの方法です。

一般的なウォーターサーバーを置いた場合にかかる毎月の費用は、ボトルを月に2本頼んだ場合3500円前後が平均価格です。
一番安いところでは、2500円以下のところもあります。
高いところでは5000円ぐらいかかるところもあります。

それにプラス電気代として1000円ぐらいがかかってきます。
ペットボトルを購入した場合の費用を考えると、一本当たりの金額が70円台と意外に安く使用できる場合が多いです。